ニーズの一致、背景にはグローバル化

昨今、政府が外国人留学生を国内企業へ採用する動きを強めていると言われています。
2014年度に発表された日本再興戦略によりますと、女性の活躍推進、若者・高齢者等の活躍推進と並び、外国人材の活用を進めることが記載されています。

日本での就職を希望する外国人の人数も年々増しており、日本企業は志望者が多く人気です。また、日本企業の中でも海外進出にあたり、「ネイティブな言葉を扱える人材を獲得したい、」「優秀ならば、出身・国籍問わず広く採用していきたい」といったニーズが今までより高く、それが外国人留学生の就職活動に結びついていると言われています。

様々なケースで集まる訪日外国人

様々なメディアを通して日本の観光名所や人気スポット等が海外で紹介されるようになり、日本好きな外国人が増えたことが、昨今の「訪日ブーム」の要因と言われています。

また、日本での勉強・就職を考えている留学生には以下のような目的・興味関心があるようです。
「日本の文化が好き・興味がある。」
「所得が自国と比べて安定している・高い水準である。」
「グローバルなキャリアを積みたい」
等、その他、たくさんの意見が調べていく中で見受けられました。

留学生として来日して、そのまま日本での就職を目指すという方もいれば、
留学後、帰国したが日本の良さが忘れられずに再度就職を目的として来日する方や、
思いがけないきっかけで来日する方もいるようです。

また、日本では海外からやってくる留学生へ奨学金を全額負担するケースもあるため、
日本自体に興味はないけど奨学金が魅力的で留学先に選ぶケースや、
英語で受ける授業のみで単位や学位が取得できる学校が数多くあるため、
日本語はさっぱり分からないけど卒業できるといったパターンもあるようです。

出身国別での志望者は?

一口に外国人と言っても、世界には165もの国が存在しています。その内、日本での就職を希望している方はどんな国からやってきているのか?調べたところ、次の順番で増加傾向にあるようです。
中国
韓国
ベトナム
他にも上記に比べて少数ながらヨーロッパ各国やアメリカといった国も見受けられました。
「爆買い」ブームの影響もあると思いますが、やはり近隣であるアジアの国から日本に来たいという方が多いようです。

求められる多言語対応

各地方自治体が地域活性化で、イバンウンド対応を行なっている中で、各企業は東南アジアの国々で多く使われている英語はもちろんのこと、日本への就職希望者が多い中国語、韓国語は対応が必須になるでしょう。

しかし、こんなに多くの言語に精通している方がいる人材を用意するとしても、そうそうすぐに揃えるのは難しいはずです。

企業の採用に限らず、インバウンド対策で行われているインフォメーションの多言語化に対しては、来たる2020年訪日外国人数が爆発的に増えるオリンピックに向けて、今急ピッチで取り組むべき課題です。