※画像はイメージです。

毎年1/15~1/21までの期間を、政府は「防災とボランティア週間」としている。これは、広く国民が災害時におけるボランティア活動及び自主防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的としている。

引用元:防災とボランティア週間 | 内閣府(防災担当)
http://www.vol-week.go.jp/

元々は、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけでした。

阪神・淡路大震災では被災後、全国から約130万人が「防災ボランティア活動」に参加し、被災者の救援活動や被災地の復興支援が当時注目され、防災ボランティアの重要性が世間に広まったと言われています。

2017年現在も、地震等の自然災害による被害は後を絶たず、東日本大震災や熊本地震でも、全国からボランティアという形で被災地の支援に大きく貢献しています。

防災ボランティアを活かすには・・・

有事の際に、被災地に集まる防災ボランティア。一方で、全国から詰めかけるボランティアを受けきれずに悪い意味で「持て余してしまう」事例も問題視されています。

受け入れ体制が不十分で、仕事が振り分けられずに、結果仕事ができないままただ滞在してしまうような例もあり、この辺りは被災地の需要とボランティア団体側のバランス調整が重要になってきます。

復興のためには、各地の被災地支援が重要です。

防災とボランティア週間を通して、今一度、自分の身の回り、地域nお防災への取り組みについて改めてみてはいかがでしょうか。