2020年の東京オリンピックに向け、加速するインバウンドビジネス。
訪日外国人観光客は日本の魅力「おもてなし」を期待するため、「接客」は特に重要視されています。
しかし、コミュニケーション面のトラブルは多く、今後オリンピックに向けたサービス業を中心に、接客に関するトラブル対策も必要です。
今回は、訪日外国人への接客中に起こりがちなトラブルをご紹介します。

アパレル・百貨店

「サイズがわからない!」
「I do not know the size!」

洋服を購入する際にサイズを重視するのは世界共通です。
しかしながら、日本と海外では体格の違いによりファッションアイテムのサイズが異なっています。
日本のブランドでMサイズのものが、海外のブランドにとってはSサイズと同等の試着感なんてことはよくあります。
特にスニーカーやサンダルなどシューズアイテムはサイズ選びがとても大事になってきます。

サイズのわからない訪日観光客は当然のことながら、
「私の体型にこのサイズは合っていますか?」
「SサイズとMサイズを試着して比べてみても良い?」など
ショップスタッフの方に様々な質問をします。

スタッフはもちろん、これに答えられるように、事前に服の種類を把握したり、備えておく必要があります。

「在庫はあるの?」
「Is there inventory?」

訪日外国人観光客は、日本の高品質でファッショナブルなアイテムをまとめ買いする傾向があります。
岡山のデニムなど、MADE IN JAPANのファッションアイテムが高品質で海外でも流行している話は有名です。

ただ、まとめ買いの要望があったとき、店頭に欲しいだけ在庫が陳列されているとは限りません。

在庫があるかどうか知りたい訪日観光客は、

「ブラックのSサイズを2枚と、ホワイトのMサイズを1枚ください」
「半袖と七分丈を2枚ずつ、あとこのインナーのSサイズを1枚」

といった複雑な問いかけをすることがあるでしょう。
こういったときも、在庫状況がスピーディに確認できたり、代わりの服を提案したりと、予め準備しておく必要があります。

他にも貨幣に関するトラブルなど、具体的な例を上げればキリがありませんが、外国人特有の事情などから、日本人と同じ対応ができない場合もいくつもあります。

トラブルが原因で「おもてなし」に失敗してしまうことのないように、今からインバウンド対策に力を入れている接客業は注意してください。

※画像はイメージです。