公共団体利用一覧

  • 福島県須賀川市
  • 東京都調布市
  • 静岡県三島市
  • 静岡県菊川市
  • 愛知県大府市
  • 大阪府貝塚市
  • 茨城県日立市
  • 岐阜県土岐市
  • 大阪府寝屋川市
  • 防災おにぎり委員会
  • 北海道登別市
  • その他

what's new

KNOW BETTER

大切な人を救いたい ~社会貢献プログラムとは?~

日本全国の地方自治体、公共団体、民間に対して、多言語の音声ファイルを自由に作成できるツールを無償で提供するプログラムです。
ご好評いただきました「社会貢献プログラム」の無償提供期間が終了しました。新たなご提供プログラムが決まりましたら、改めてご案内いたします。

ボタンをクリックするとサンプル音声データが再生されます。
例文 日本語 英語 中国語 韓国語
緊急地震速報
地震です。落ち着いて身を守ってください。
上から落ちてくるものに気をつけてください。
津波は繰り返し襲ってきます。津波警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。
津波警報が発表されました。海岸付近の方は高台に避難してください 。
例文
緊急地震速報
例文
地震です。落ち着いて身を守ってください。
例文
上から落ちてくるものに気をつけてください。
例文
津波は繰り返し襲ってきます。津波警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。
例文
津波警報が発表されました。海岸付近の方は高台に避難してください 。

平成28年9月23日 、総務省、内閣府、観光庁は連携して「情報難民ゼロプロジェクト」を立ち上げました。
その目的の一つは、日本人や日本にいる外国人に対して、自然災害が発生した場合災害情報が確実に届くことにあります。

多言語(日本語・英語・中国語・韓国語)対応した「災害警報」「緊急警報」等の音声ファイルを作成すれば、
多くの通訳を手配することなく様々な言語での対応が可能になります。
実際の災害放送時も職員は現場にいる必要はなく、身の安全も保たれるため職員の精神的負担も大幅に軽減されます。

  • 地震地震
  • 洪水洪水
  • 津波津波
  • 土砂崩れ土砂崩れ
  • 火山噴火火山噴火

情報難民ゼロプロジェクト」:“2016年10月15日 高市総務大臣 早苗コラムより抜粋”

2020年の「訪日外国人旅行者4000万人」の目標達成に向けて、
自然災害が多発する我が国に安心して滞在していただける環境の整備も、急がなければなりません。

外国人については、災害発生時に災害情報や避難情報を外国語で入手することが困難な状況にある為、国内での移動経路に沿って、
スマートフォンやデジタルサイネージなどの多様な手段を通じて、外国語による情報を提供する環境を整えることが課題です。

情報難民ゼロプロジェクト」については、総務省内の情報通信行政担当部局や消防・防災行政担当部局の関係課室長に加え、
内閣府と観光庁にも参加していただくこととなりました。

多言語対応が迫られる社会

「世界リスク報告書2016年版」によると、日本は地震などの「自然災害に見舞われる可能性」が世界4位と高く、自然災害に直面した際の被害を軽減するための様々な対処が求められています。

その1つが、増え続けている外国人観光客への対応です。
外国人観光客は様々な地方の観光名所を訪れるため、地方自治体や公共団体は多言語での対応が求められるようになりました。
しかし、多言語に対応した通訳を手配するのは容易ではありません。

人命を助けるための音声ファイル

多言語の「災害警報」「緊急警報」等の音声ファイルを作成すれば、多くの通訳を手配することなく様々な言語での対応が可能になります。

利用シーン

災害時の放送を事前に用意しておけば、災害発生時に素早く避難情報などの放送ができます。
さらに多言語対応ができるので、災害発生時に的確に外国の方に災害情報を届けることができるのです。

災害時に流す音声例

  • ・地震が発生しています。震度5弱を観測しています。
  • ・○○河川が氾濫しています。
  • ・○○地域で土砂崩れがおきています。
  • ・台風が接近しています。
  • ・竜巻が発生しました。
  • ・津波が発生しました。
  • ・崖崩れが発生しています。
  • などなど。
Image Intro

音声を合成しているので、実際にアナウンスをする人間は必要ありません。
例えば、今までアナウンスを担当していた職員の方が退職してしまい、
放送音声を使うことができなくなることもなく、同じ音声で繰り返し放送することが可能です。
また、アナウンスのバリエーションを簡単に増やすことができるので、必要に応じて言語ごとに、
最新情報を保ちながら、災害に備えることができます。

ニュース

日刊工業新聞に「社会貢献プログラム」が掲載されました

2016.10.31

日刊工業新聞に「社会貢献プログラム」の記事が掲載されました。「社会貢献プログラム」は、日本人や日本にいる外国人の方の命を守るため、音声合成技術を無償で提供するプログラムで、ティファナ・ドットコムが窓口となり提供しました。

日本の各地域の地方自治体、公共団体、民間に対して、多言語(日本語・英語・中国語・韓国語)対応の音声合成技術を提供、多言語の音声ファイルを自由に作成できるツールを無償で提供しました。地震や洪水、津波、土砂崩れ、火山噴火などの自然災害時に災害警報・緊急警報を多言語対応させることで、万が一の災害時にも、日本人だけでなく日本にいる外国人の方の命も守ることができるようになりました。

また、ティファナでは、人工知能(AI)対話型システム「KIZUNA(絆)」の導入サポートも行なっております。

Rizbell

特徴

ブラウザを通じて、自由に音声ファイルを作成することができます。

抑揚や強調、話すスピード等、豊富な調整項目で思い通りの音声ファイルを作成可能です。

作成した音声ファイルは、お客様の各種アプリケーションやシステムに組み込んでご利用いただけます。

CSVファイル(Excelファイル)を複数読みこませることによって自動的に音声ファイルを作成することが出来るため、専門的な知識は不要です。

業界用語・専門用語などを正しく読むためのユーザ辞書を複数人が同時に編集することが可能です。

インバウンドコンテンツを取り扱ったCSRポータルサイトはこちら